Head image on the left
From Dublin
books
four cats
Trees
Rugby Ball
我が家の猫住(獣)民と常連たち 投稿

 我が家の猫集団 – 猫住(獣)民と常連達にまつわる話

division

猫屋敷になった経緯その2 - お義理でもう一匹

アンジー、ブッチ、ドゥーゴルの三匹が我が家に来て二年近く経ったある日、TACが妹と電話で話している最中に私を呼んだ。「子猫、欲しい??」 彼女(TACの妹)はダブリン北西のとある町に住んでいて、当時複数の猫を飼っていた。そのうちの一匹が子猫を産み彼らの引き取り先を探しているとのこと。家にはもう三匹もいるから十分だろうと思ったがTACはどうにも断りきれない様子だった。週末に二人でその子猫達を見に行くことを約束して電話を切った後TACは言った。「気に入らなければ無理に引き取らなくてもOK(⁉)」とは言え、わざわざその町まで出向いて可愛い盛りの子猫を見てしまったらどう考えても手ぶらで戻って来る筈がない。やむを得ず、猫用バスケットを抱えてバスを乗り継ぎ(その当時はまだ車を持っていなかった)TACの妹の家へ行った。
我々が着いてみると、生後二ヶ月強の4匹の子猫が自分達の産まれた納屋の前で互いに戯れながらフワフワしていた。4匹中2匹は白黒のブチ猫で後の2匹は半長毛の三毛猫である。一匹以上引き取る気は毛頭無かったので取りあえずTACの妹にそれを告げ選択に取りかかった。我が家の先住猫の一匹が雌で雄が二匹の為、出来れば違った毛色柄の(白黒、きじとら以外の)メス猫が我々の希望だった。となると選択肢は限られる。2匹の三毛猫のうち大きい方は人間が苦手なのか、我々から遠ざかって行く。残った小さい方の三毛猫をつまみ上げてよく見ると何とも不細工な顔をしているが愛嬌がある。長毛種はあまり自分の好みではないが今更どいつもいらないと言う訳にもいかず、仕方なく(オイオイ)我々はその三毛猫を連れ帰ることにした。そうして、帰宅途中獣医に立ち寄り健診とワクチン接種を済ませ、籠の中で無心に眠る毛糸玉の様な子猫と共に腹を空かせた三匹の獣が待つ我が家へと急いだのだった。

猫嫌いElmo (エルモ)
エルモ生年月日:2000年7月。ミレニアム(西暦2000年)猫。我が家でただ一匹の“culchie”。一匹オオカミ猫でもある。ダブリン郊外に住む同居人の妹から貰い受けた半長毛の三毛。名前の由来は、走る姿が(毛色のせいもあり)光の球のように見えたことから、「セント・エルモの火」のエルモを拝借した。セサミ・ストリートのエルモに由来すると信じる人もいる。
走り回る時以外はまさに小さな毛糸玉か安物のぬいぐるみの様に見える子猫であった。先住猫には近付こうとせず、興味津々で寄って来る彼らを威嚇しまくるので最初は怖がっているのかと思ったが、ただ単に猫嫌いなだけだった。実際彼女は今でもぽつんとひとり(一匹)でいる事が多い。小さい時から人間には馴れていて、人がそばを通ったり目が合ったりするとほぼ必ずニャーニャーと鳴き、話しかけてやると調子に乗ってまくし立てる超鳴き猫である。時々ウニャウニャと本当に何かしゃべっている様な鳴き方をする。周りに人がいない時にもひょっとしてブツブツ言っているのではないだろうか。(こちらが説教を始めると獰猛な目つきで睨みつけ唸り声を発することもしばしばある。) もともと普通よりは大きめの子猫だったがいつの間にか驚くほど巨大化し、今では我が家で一番重いヘビー級猫になった。そのずっしりとした体を揺らして歩く姿はまさに毛皮を着た子豚そのものである。子供の頃は抱き上げられるとしばらくの間辛抱していたが、巨体になってからは一刻も早く逃れようと唸りながらしゃかりきにもがく。また、最近は滅多にやらないが以前はよく仰向けになり大きないびきをかいて寝ていた。
もう一つヤツが近頃あまりやらなくなったのが脱走の機会を狙うことである。7~8年前のある朝、起床して階下に降りようとした時玄関ドアのガラス越しに必死で鳴き叫ぶ猫の姿が目に止まった。数秒後それが屋外にいるエルモだということに気が付いた(⁉)。同居人の不注意で一晩中閉め出されてしまったのだ。その前夜、私の就寝後へべれけになって帰って来た同居人が玄関の扉を開けた際、エルモは喜び勇んで家を飛び出したに違いない。その頃ヤツはほとんど常に玄関の扉の前に陣取って虎視眈々と外に出る隙をうかがっていた。(呆れたことに同居人はその朝教えられるまでエルモが夜遊びに出かけた事を全く知らなかった。)
エルモは風呂嫌いだが石鹸の匂いには勝てない。人がシャワーを浴びて出て来ると足元に擦り寄ってすねを舐め回す。動作が鈍く変わり者の為か我が家のオス猫から強烈な不意打ちを食らう事が頻繁にあるが、反撃に出たり他の猫(または人間)に八つ当たりする事も少なくない。彼女は軽く小突かれるだけでも断末魔の叫びを上げるので我が家でしょっちゅう死闘が繰り広げられている様な錯覚に陥る。とにかくエキセントリックという言葉がふさわしい猫である。

 

 

△このページの先頭へ戻る

 

 

Left footer
Right footer