Head image on the left
From Dublin
books
four cats
National Gallery London
Rugby Ball
写真集 - 旅・猫・他

 Photo Album 旅・猫・その他の写真集

division

主に旅先で撮った写真、猫たちの写真を掲載しています。旅行写真は一応国・地域別になっていますが、 年代日付順には整理されていません。猫写真もランダムに載せてあります。随時更新および追加していくつもりなので、良かったらたまに覘いてやって下さい。

コンパクトデジカメで撮った写真のため画質に限界があるかと思いますが、予めご了承願います。

興味のある国・地域または猫の名前をクリックすると写真が表示されます。写真を閉じるにはその国・地域または猫の名をもう一度クリックして下さい。

旅の写真 [Holiday Snapshots]

ロンドン イングランド London, England, The United Kingdom
セント・ポール大聖堂
とにかくでかくて秀麗なイングランド教会セント・ポール大聖堂
ウェストミンスター宮殿
テムズ河観光船シティ・クルーズから見たウェストミンスター宮殿
ザ・シャード
ロンドンの新しいランドマーク「ザ・シャード」外装工事終了二ヵ月後
タワー・ブリッジ
夜だったら数倍華やかなタワーブリッジ
スタンフォード・ブリッジ
チェルシー・F.C.の本拠地スタンフォード・ブリッジ (...本来ならトゥイッケナムの写真のはずが...)
スタンフォード・ブリッジ更衣室王室厩舎馬車馬

(左) 日本で人気がありそうなトーレスとチェルシー・サポーターのお気に入りマタのジャージ
(右) バッキンガム宮殿ロイヤル・ミューズ(王室厩舎)の馬車馬


バース イングランド Bath, England, The United Kingdom
エイボン川の堰
レクリエーション・グラウンド(バース・ラグビーの本拠地)側から見たエイボン川の堰
ローマ浴場跡
コートヤードに掘られた池のようなローマン・バス - お湯が緑色なのは藻のため
ローマン・バスバース寺院
(左) 定期的に洗浄作業が行われるが過去に大浴場から傘や原動機付き自転車が回収されたとか
(右) ゴシック建築が素晴らしいバース・アビー(バース寺院)
ロイヤル・クレセントの左半分
壮麗で優雅なバース・ストーンの建物ロイヤル・クレセントの左半分
ロイヤル・クレセントの右半分
ロイヤル・クレセントの右半分 - 長すぎて全景がカメラに収まらない

イングランド その他の町 Other Cities, England, The United Kingdom
グロスター大聖堂
ハリー・ポッターの撮影に使用されたグロスター大聖堂 - 青いステンド・グラスは一見の価値あり
グロスター大聖堂コートヤードと回廊
グロスター大聖堂のコートヤード(中庭)を囲む回廊
キングスホルムのバース・ラグビー・スクワッド
グロスター・ラグビーの本拠地キングスホルムでプレイするバース・ラグビーのスクワッド
マイケル・リップマンとブッチ・ジェームス
当時スキッパーを務めていたマイケル・リップマン(右)と立ち話をするブッチ・ジェームス(左:2011年05月バースを退団)
ケンブリッジ、キングス・カレッジ・チャペル
カム川(River Cam)から眺めたケンブリッジのキングス・カレッジ・チャペル
ごみ箱の中で演奏するバスカー
ごみ箱の中で演奏するバスカー (ケンブリッジの街中にて)
ガイドウェイバス専用道コブハクチョウ
(左) セント・アイブスからケンブリッジの中心部へ向かうガイドウェイバス車内から見たバス専用道
(右) 王室が所有する白鳥は意外と攻撃的な動物 (エクセターにて)
藁葺き屋根の家屋
イングランドの歴史的建造物が立ち並ぶヘミングフォード・アボッツの一角にあるグレード2藁葺き屋根の家屋

ベルリン ドイツ Berlin, Germany
ブランデンブルク門
夕陽を背にしたブランデンブルク門 - 折悪しく汚れ落としの工事中だとかで全体が見えなかった
ライヒスターク
国会議事堂(ライヒスターク) - 後ろにみえるのはかのノーマン・フォスター設計によるガラス張りのドーム
チェックポイント・チャーリー
チェックポイント・チャーリー(旧国境検問所) - すぐ脇にチェックポイント・チャーリー博物館がある
国境警備の犠牲者慰霊墓
今は無き(⁈)国境警備の犠牲者慰霊のための十字架と壁 - 各十字架には亡くなった人々の名前が記されている
ベルリナー・ピルスナーヴィルヘルム皇帝記念教会
(左) ベルリンの御当地ビール、ベルリナー・ピルスナー(右側のグラス) - もとは東ベルリンの伝統的なビールだった
(右) 中央に見えるのは1943年の爆撃で著しく損傷したカイザー・ヴィルヘルム(ヴィルヘルム皇帝)記念教会
ベルリン大聖堂
俗にベルリン大聖堂と呼ばれるプロテスタント福音派の協同教会 - 後ろにチラッと見えるのはテレビ塔

ハンブルグ ドイツ Hamburg, Germany
ハンブルグ市庁舎
銅製の屋根が特徴的なハンブルグ市庁舎 (Rathaus) - 興味深い情報が満載のガイド・ツアーはお勧め
市庁舎中庭の噴水
女神ヒュギエイアが中央に立つ市庁舎中庭の噴水
ハンブルグ市内
聖ミヒャエリス教会(ミッヒェル)の塔の上から眺めたハンブルグ市内 - 主要教会三つの黒っぽい尖塔が目を引く
ハンブルグの港湾ツアー
ツアーのボートから見たハンブルグの港湾には多数の大型コンテナ船が係留されていた
聖ニコライ教会(跡)クラマーアムツ・ハウス
(左) 空爆の標的になってもおかしくない高さの聖ニコライ教会(跡)
(右) クラマーアムツ・ハウス - 短く狭い路地の両側には小さなカフェや土産物屋がひしめいている
エーフェルゲンネ(Övelgönne)の砂浜
エルベ川沿いのビーチ(⁈) - これはエーフェルゲンネ(Övelgönne)周辺の砂浜

ブレーメン ドイツ Bremen, Germany
マルクト広場
旧市街にある聖ペトリ大聖堂の塔の上からマルクト広場(右下)を見下ろす
ブレーメンの音楽隊
市庁舎(Rathaus)の脇にあるブレーメンの音楽隊の像
ブレーメンの町
ハンザ同盟都市の面影を残すブレーメンの町を一望 - 中央の後方にヴェーザー・スタジアムが見える(かな?)
ブレーメン市庁舎ローランド像
(左) 煉瓦造りゴシック様式のブレーメン市庁舎 - 運悪く内部の見学は出来なかった
(右) マルクト広場の移動遊園地に囲まれたローランド像

リスボン ポルトガル Lisbon, Portugal
リスボン旧市街
サンタ・ジュスタのリフト屋上の展望台から見渡したリスボン旧市街の街並み
発見のモニュメント
意外と巨大な発見のモニュメント - 内部にはエレベーターがある
ジェロニモス修道院の左側
結構印象的なジェロニモス修道院の左側
ジェロニモス修道院の右側
ジェロニモス修道院の右側 - これも長すぎて全景が収まらない
リスボン名物ケーブル・カー
リスボン名物黄色の車体のケーブル・カー
ベレンの塔ペーナ国立宮殿
(左) マヌエル様式の要塞ベレンの塔 (ベレム・タワー)
(右) リスボンの北西シントラにあるムーアの城跡から望むペーナ国立宮殿

ポルト ポルトガル Oporto, Portugal
サンデマン社
旧市街地の対岸にあるポートワインのサンデマン社 - ポルト旅行の目玉である
ポルト市庁舎
観光バスから眺めたポルト市庁舎
イベリア半島戦争の英雄記念碑クレリゴスの塔
(左) イベリア半島戦争の英雄記念碑 - 最上部のライオンはイングランドの国旗(らしい)、鷲はナポレオン帝国の象徴
(右) バロック様式クレリゴス教会の鐘塔クレリゴスの塔
ポルトの町とドウロ川
ドン・ルイス一世橋からポルトの町とドウロ川を見渡す
メトロ・イエロー線
ガイアとポルトを結ぶメトロ・イエロー線(Dライン) - 対岸の駅周辺の雰囲気は全く違う

ベルゲン及びその周辺 ノルウェー Bergen and Hordaland, Norway
ベルゲン港
デンマークのヒァツハルス(Hirtshals)へ向かうフェリーから望むベルゲン港(Vågen)
ノーウィージャン・フォレスト・キャットフィヨルド沿いの滝
(左) ノルウェーで遭遇したノーウィージャン・フォレスト・キャット - よそ者に慣れている
(右) フィヨルド沿いにはこの様な滝がいくつも存在する
ソグネフィヨルド
観光クルーズ船から眺めたソグネフィヨルド - 天気は良かったがさすがに寒かった
フィヨルドのかもめ
フィヨルドのかもめもよそ者に慣れていて観光船に乗る人の手から器用に食物をさらっていく
ナーロイ渓谷
スタルハイム・ホテルの裏庭から望むナーロイ渓谷
フロムの船着場
フロムの船着場 - フロム鉄道駅が目と鼻の先にある

猫の写真 [Our Cats]

アンジー Angie
窓辺のアンジー
窓辺を占領してリラックスするアンジー 「Mmm, 極楽極楽!」
本好きのアンジー
本(を噛みちぎるのが)好きなアンジー - 新聞や雑誌も餌食となる
当時4~5歳のアンジー最近のアンジー
(左) 10年前(当時4~5歳)のアンジー、どこと無くあどけない表情をしている
(右) 最近のアンジー - 動物も人間と同様、老いは隠せない
寝ぼけ顔のアンジー
寝ぼけ顔のばあ様アンジー再度昼寝の体勢に入る
こう着状態のアンジー
名前を呼ばれてこう着状態のアンジー - 彼女は近づくと走り去る猫である

ブッチ Butch
箱入りブッチ
箱入りブッチ - 仏頂面をしているが実は大喜びでダンボール箱を吟味中
夕暮れのブッチ
夕暮れのブッチ 「カメラを見ろだって? 全く、昼寝もろくに出来やしない...」
逆さのブッチ白黒のトド
(左) 西日を浴びてだらけるブッチ - 怪しげな物音に反応したところ
(右) 窓辺で白黒のトドが寝ている 「zzz...」
猫タワーとブッチ穴居猫
(左) 猫タワーを点検するブッチ 「俺より先に乗ったのは誰だ!」
(右) どうやってキャット・タワーの巣穴に潜り込んだのかと不思議になるほどの巨漢だった (ステロイドの影響)
約10年前のブッチステロイド太りのブッチ
(左) この頃(約10年前)はまだ普通の体型だったがすでにボス猫の貫禄たっぷりなブッチ
(右) 丸焼きにしたらうまそうである (こう見えても意外と敏捷な当猫)
仰向けブッチ
お腹をさすられるのを好む猫だった (ブラシがけにも嬉々としていた)

ドゥーゴル Dougal
キャット・タワーの上で眠りこけるドゥーゴル
熟睡していても転落しない器用さ
若かりし頃のドゥーゴル凛々しい風情のドゥーゴル
(左) 健康で毛並みも良かった若かりし頃のドゥーゴル
(右) 凛々しい風情のドゥーゴル - 何やらもの言いたげな目をしているが実は飯の事しか頭にない
左目負傷後のドゥーゴル眼球摘出手術後のドゥーゴル
(左) 小競り合いに巻き込まれた直後だったが相変わらず平然としていた
(右) 少々痛々しい姿のドゥーゴル - 眼球摘出手術の数時間後
食卓の下の猫
左目を失って一、ニ週間後のドゥーゴル - 片目が無い事などとっくに忘れている
メシくれ~
「それ、もういい加減にして早くご飯をおくれよ~!!」

エルモ Elmo
ごろ猫
階段のてっぺんでごろ寝するエルモ - 邪魔でしょうがない
鳴き猫
新品の猫タワーに乗って文句をたれるエルモ
滑り落ちそうなエルモ奇猫
(左) 体が大き過ぎてかなりはみ出ている - ステップ台が折れ曲がるのに時間はかからないだろう
(右) 猫タワーの最上部が傾いてきて十分な高さが無いために、おかしな体勢でその下に座っているエルモ
なめ猫
エルモは食後でもないのになぜかよく口の周りをペロペロなめる
髭もじゃエルモ
当猫はメスだが立派な眉毛、ほおひげ、さらにあごひげを持っている
エルモとクリスマス・ツリー
「ふぅ~ん、今年のクリスマス・ツリーちっとも面白くないじゃないのさ⁉」

シーザー Caesar
1歳未満のシーザー
一歳になる(約3ヶ月)前 - まだあどけなさが残るが実にむさ苦しい風貌である
爆睡する子猫のシーザーたてがみが短いシーザー
(左) 子供時代の怪獣はたびたびこの様になりふり構わず爆睡していた
(右) まだたてがみが短い子猫の頃のシーザー (長毛白猫の撮影はピント合わせが若干難しい)
無精猫
猫トイレの中だろうと餌箱の上だろうとお構い無しに寝そべるため奴の毛は粘ついている(!)ことが多い
置物シーザーゴースト・シーザー
(左) 食器棚の上で置物ポーズをとる若い頃の怪獣シーザー
(右) 猫タワーの巣穴から顔をのぞかせる不気味な白猫
ジャングル大帝シーザー
我が家(ジャングル)に君臨するシーザー大帝 - しかし彼には絶対的な力や権威など全く無い
高みの見物猫タワーに乗るシーザー
(左) 巨体でやや鈍い当猫だが、どうやってこの空箱の上に登ったのだろうか?
(右) ちょうど四歳になったばかりの頃 - 一見重そうで実は意外と軽い当猫
うたた寝
当猫どんなに気持ち良さげに寝ていても週末の朝7時には決まって飼い主を起こしに来る(勘弁してくれよ...)
ごろ寝
ヤツは週末の早朝にこのスピッツの様な図体で飼い主の上半身を覆いゴロゴロ攻めを仕掛ける
尻尾を立てる猫
無言で飯をねだる怪獣 「腹減ったぜ。この奉公人、気が利かねえな!」
白ライオン シーザー
トラファルガー広場のライオンに似ていると言ったら褒めすぎか
箱潰し
ケモノ達の手(足?)にかかれば箱という箱は全てひとたまりもなく破壊される

バディ Buddy
バディの近接写真
そろそろ高齢期にさしかかる当猫だがこれまで病気一つしたことがなく被毛にもまだツヤがある
爆睡バディ
何の心配もなく安心して眠っている時は押しても引いてもテコでも動かないヘタレ猫
子猫のバディ
バディは猜疑心が強くおよそ可愛げのない子猫だった 「このウサン臭げな巨人は一体何をする気なんだろう…」
めくれた耳
「あっ、寝癖がついてしまった。寝癖直しのローションはどこだ?」
何か用?
やや警戒してこちらの様子をうかがっているビビリ猫
巣穴の上でクリスマス・ツリー
(左) 「この猫タワー、小さ過ぎるんじゃないの?まぁ、どうせ3日ともたないだろうけどさー」
(右) クリスマス・ツリーを裸にするだけじゃなく飾り付けもやってくれると助かるのだが
十円ハゲ
アイヴスが加わってしばらくした頃、バディの頭にこの十円ハゲは忽然と現れた
ソファの背もたれの上で
ソファの背もたれの上でうたた寝するバディ - 猫というのはどんな体勢でも器用に眠れる生き物である
両足開き
若い頃は体が軽くて柔軟だった為こんな座り方もできたが今では…

ホリー Holly
ホリー近接写真
これだけ近寄っても触ろうとしない限り敵はじっとしていることが多い
くつろぐ半野生猫
専用ソファの上でくつろぐ当猫 - 実は端整な顔だちだが、いつもふてくされたような表情をしている
子猫のホリー
隔離されていた頃のホリー - 何とも癖のある風貌であった
幼年期のホリーホリー2010年11月
(左) 幼年期の当猫はまだらが目立たず、長めで薄い灰色の被毛に覆われていた
(右) 三年半前(2010年11月)のホリー - 奴は猫用トイレの縁に乗って用を足すのでしょっちゅう周辺を汚している
顔洗い
顔洗いに余念が無いだらけた反逆児(中年猫)、時々洗い過ぎの為か目の上がただれている
暴食する猫
食うことに余念が無い太めの食わせ者(中年猫) - あんなに片っ端から食ってよく腹をこわさないものだと感心する
カギ尻尾左前足を浮かせる猫
(左) 遠目に見ると猫だかワオキツネザルだか区別がつかない(ホリーは"ゆるいカギ尻尾"を持っている)
(右) 「偶にはあんたらのためにポーズくらい取ってあげるから写真撮りたきゃさっさと撮りなよ」
食った食った!
晩飯3皿食い切って満足顔のホリー 「ちょっと、昼寝の邪魔しないでくれる?」

アイヴス Ives
アイヴスのクローズアップ写真
鼻のホクロまで茶色(橙色?)の半茶トラ猫アイヴス - 目も自然光下で見るとやはり真っ黄である
屈伸する子猫
「どうだ、凄いっしょ!こんな離れ業をやってのけるモノは他にいないぞー」 「あれ!?後ろ足はどこだ?」
前足を伸ばす猫
昼寝やくつろいでいる時は目いっぱい羽(いや、両前足)を伸ばしていることが多い
四肢伸ばし昼寝する猫
四肢を広げうつ伏せになってうたた寝する姿は何とも珍妙でついニヤリとさせられる (これもヤツの得意技である)
我が家に転がり込んできた当時
車庫で生活していた頃のアイヴス - 他の短毛種の飼い猫に比べて被毛がやや長い
かまとと猫
あどけない外見に騙されてはいけない、猫かぶりの子猫アイヴス
爆睡子猫
先眠猫たちを追い散らした後毛布のど真ん中に陣取り罪のないふりを装って高いびきをかく悪童
ライン・アウト体洗い
(左) 「ライン・アウトはまかせろー!そのボールはこっちのもの、エイッ、ヤー!!」
(右) 「ちょっと、こんな格好写真に撮らないでよ。知らん顔するからね!」
オカチ面子猫タワーに乗る猫
(左) アイヴスはやる事だけでなく容貌までふざけている - 本当にいつ見ても可笑しな顔だ
(右) 落ち着いているように見えるが尻尾のふくらみで実は少々興奮気味なのが分かる (当猫の尻尾は普段から太め)
歩行中
「何だか小腹が空いてきちゃったなぁ~…もうちょっとマトモなもん食べさせてくれない?」
クリスマス・スナップ写真
「これ、バカでかいだけで食べられないじゃないのさ!何とかしてよ~」
ブーたれ猫
他人/他猫のものは自分のもの、自分のものも自分のもの 「えっ?分け合う?何それどういう意味?」
当猫は茂みに潜んでいるつもり
毎晩こうやって薄暗い物陰にうずくまり扉から光が漏れるのを待つ狩人猫アイヴス (当猫は茂みに潜んでいるつもり)
籠の中に潜む猫
待ち伏せ Part 2 - ヤツは身を隠すのに格好の場所だと思っているが自分が罠にはまっていることに気が付かない

集合写真 Group Shots
猫団子
珍しく狭い椅子に寄り固まる三匹、ブッチ(右)エルモ(左)ドゥーゴル(上!!) - 心なしか空気が張り詰めている
見張り猫
他の猫を監視している二匹 - ブッチ(右)エルモ(左)
飯はまだか
奉公人よ、飯はまだか - バディ、ホリー、ブッチ、シーザー、ドゥーゴル
白と黒
図体のデカい二匹(ブッチ、シーザー)が小さなネストテーブルを占領している - 何もわざわざ窮屈な思いをしなくても…
昼寝の友
ブッチ亡き後この二匹は寄り添って昼寝をする事が多い - ドゥーゴル(右)バディ(左)
爺枕は快適だぜ
ドゥーゴルが嫌がらないのをいいことにバディはよくドゥーゴル爺を枕代わりにしている 「爺枕は最高だぜ!」
ビヤ樽猫二匹産まれたてキーウィーズ
(左) 昼寝する毛むくじゃらのトドが二匹、ビヤ樽猫エルモとブッチ
(右) 外猫ホッジ(黒猫)が産んだ子猫たち - 彼らは我が家にいた間キーウィーズと呼ばれていた
玄関ホール任務
上階になにやら怪しい人影が… 五匹の見張り番 - アンジー、ドゥーゴル、シーザー、エルモ、ブッチ
好奇心
「な、何だこれは⁉吊るされてジタバタしてるぞ」 獲物と対峙する五匹の狩猟猫
悪友
小さい頃はよく一緒に悪さをしたこの二匹 - なんとブッチがドゥーゴルより小さく見える
イキのいい餌
今日の晩飯はどでかくて超新鮮!!! - 外猫ホッジの子供達(左)とシーザー(右)
俺のメシ
トドに変身する前のエルモとブッチ 「これは俺様の飯だ、あっち行け‼」
俺の縄張り二匹のトラ猫
(左) ビヤ樽に変身する前のエルモとブッチ 「この椅子は俺様のもんだ、シッシッ‼」
(右) 親子のように見えなくもないこの二匹(ドゥーゴル:左とアンジー:右)だが"赤の他猫"である
猫レスリング威嚇のつもり
(左) シーザー「うぎゃあーっ! 放せ、この野郎!」 ブッチ「必殺首固めだぁ~、参ったか!」
(右) シーザー「どうだ、このいかめしい立ち姿を見よ!」 ブッチ「ちょこざいな小僧め、いつでもかかってきやがれ!」
ぐーすかぴーすか
ブッチ「ぐぴ~っ、 ムニャムニャ、すぅぅ~ぴぃぃ~」 アンジー「ぐふっ、う…ウウ~、何だか息苦しい…」 <2000年1月>
新生猫三匹
フリーダ(当時通い猫—2006年春)の生後まもない子供達 - バディの細くて短い尻尾が黒いクレヨンのようである
3人組
我が家の一室で隔離生活を送るトーティ、ホリー、バディ - ちょうど左から体の小さい順に連なっている
ボクらにもちょうだい
他の二匹を相手に凄みながらカリカリの皿を独占する猛々しい虚弱猫トーティ
羽音
暖炉の煙道から聞こえてくる羽音に興味津々のきょうだい猫バディとホリー(煙突口の辺りに鳥が群がっている)
反射光
部屋の中に迷い込んできたガガンボに引き付けられてどうやっても目が離せないきょうだい猫バディとホリー
猫タワーのバディとホリー猫階段
(左) ホリー「ちょっと、アンタの尻が邪魔なんだけど」 バディ「そうやってバランスを取りながら体を支えるの止めてくれよ」
(右) 数人の客が居間に入って来た為階段に避難し様子を探っている7匹の猫達 - 最上段にいるのは臆病者バディ
猫草に群がる猫達
新鮮な猫草につられてぞろぞろと集まって来た我が家のケモノ達(クサにあまり興味の無いアンジーが欠けている)
黒い襟巻き
アイヴスが隣に居座った為いささか緊張気味で昼寝もままならないバディ - あたかも尻尾でアイヴスを牽制している様だ
ラグビー観戦
アイヴス「ふう~ん、これがスクラムか…屁のカッパ!」 バディ「このチビ、オール・ブラックスの試合を見させないつもりだ」
猫の背もたれ
このソファは薪ストーブのほぼ正面にあるので冷え込む日は大抵こんな風に人間除けが築かれている
シンクロ
まるで示し合わせた様に同じ方向を向いてよく似た体勢で床に横たわる悪童猫アイヴスと悪老猫シーザー
比較
2010年9月撮影 - 餌をむさぼるシーザーとそれ(餌)を横取りしようと目論む恐るべき子猫アイヴス
夜食
昨年のある晩の風景 - 晩飯後数時間経つと決まって夜食をせがむ獣たち(ホリーは夕飯をどか食いする為か無関心)
尻枕
ドゥーゴルはいつも枕代わりにされている訳ではなく、なりふり構わず(?)寝ることが得意なだけである - (右)アイヴス
おかめとひょっとこ
ホリー「先にトイレ使ったらこのガキに邪魔されるかも」 アイヴス「クソ~、誰がおかめだ!おたふくと呼んでもらおうか‼」

☞ 補足: ここでの集合写真とは単独で写っている画像以外のものをさします。

 

 

Left footer
Right footer