Head image on the left
From Dublin
books
four cats
Trees
Rugby Ball
猫住(獣)民と常連たち

 猫住(獣)民と常連たち ~ダブリンの猫だまり~ ♢一覧

division

幼少の頃から猫は身近な存在でした。実家では他の動物も飼われていましたが、特に猫は何か不思議な魅力を持つ生き物だと常々感じていました。彼らは気まぐれでふてぶてしいかと思いきや、情緒豊かで飼い主に依存している面もあります。綺麗好きで繊細な様で、意外と無精者でタフだったりします。滑らかで感触の良い被毛やペットとしての飼いやすさもさることながら、自分にとって猫の魅力は何と言っても、ただ眺めるだけで心を和ませてくれるところ。彼らはつい笑みがこぼれるような行動や仕草もしばしば見せてくれますが、丸くなって眠る姿などは独特の沈静作用を持っているような気がします。まあ理由は何にせよ、昔から猫という生き物には磁石の様に強い興味を惹かれるようで、それが災い(!)して、今では内外で十匹以上の猫に囲まれ生活しています。過去に30匹近くの猫と出会いましたが、まず手始めにそれぞれの内猫が我が家に幽閉される羽目になった経過についてざっと触れ、それから主な外猫の話などをします。


ポスト・エントリー リスト

List Icon

猫屋敷になった経緯その5 - 降って湧いた一匹

バディとホリーが我が家での生活にもすっかり慣れた2010年7月半ばのとある午後、裏庭でドゥーゴルを散歩させていた時のこと …❑

全文を読む

List Icon

猫屋敷になった経緯その4 - 取り残された二匹

シーザーが我が家の一員になってから5年間は住(獣)民5匹の比較的平穏な“禁足”生活が続いていたが、その間にも我が家の裏庭では外猫や …❑

全文を読む

List Icon

猫屋敷になった経緯その3 - 惰性でまた一匹

エルモを引き取った翌年の夏、猫好き仲間でもあるTACの同僚マグスが(TACに)相談事を持ちかけてきた。「外飼いの猫が子供を産んだ。…❑

全文を読む

List Icon

猫屋敷になった経緯その2 - お義理でもう一匹

アンジー、ブッチ、ドゥーゴルの三匹が我が家に来て二年近く経ったある日、TACが妹と電話で話している最中に私を呼んだ。 …❑

全文を読む

List Icon

猫屋敷になった経緯その1 - はじめの三匹

今から十数年以上前、現在の家に移った頃は猫と暮らそうなどという大それた考えは微塵もなかった。と言うか、この国にそれほど長く …❑

全文を読む


✽ ここは「猫住(獣)民」投稿一覧のページです。

Butch on a fish tank

 

 

Left footer
Right footer